自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の違いについて

ヘリコプターの免許には大きく分けると自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の2種類が存在しています。それぞれ何が違うのかよくわからないと思っている方もいるのではないでしょうか。これから免許を取得し、就職まで考えているのであれば知っておきたいことなので、ここでは二つの違いについて紹介します。

まず自家用操縦士免許から説明をしますが、この免許があれば教官がいなくても自分の判断で操縦をすることができるようになります。しかし、自家用操縦士免許だけの取得だと基本的には航空会社への就職はできないことがほとんどです。なぜかというと、自動車で説明をすると普通自動車第一種免許になるので、これだけのライセンスだけでは難しくなります。

それに比べると事業用操縦士免許は何かというと、自動車で言うと普通自動車第二種免許にあたります。国内での仕事として活用するためにはこの事業用操縦士免許が必須になります。例えば将来的にヘリコプターの免許を取得して公務員などに就職をしたいと思っている人は事業用操縦士免許の取得を検討するといいでしょう。

このようにヘリコプターの免許と言っても2種類あるので、免許を取得する時に失敗したくない人は事前に将来のことを考えておくといいでしょう。