ヘリコプター免許を取得するとどんな職業に就ける?

日本国内でヘリコプターの操縦をするためには事業用操縦士免許が必要になります。ライセンスを取得するためには時間と費用が必要になりますが、ヘリコプター免許を取得すればいろいろな場面で活躍できます。実際に、ヘリコプター免許を取得することでどこに就職することできるのか知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。いろいろな就職先があるので、まずはどんな職業に就くことができるのかについて紹介します。

主な就職先の1つとしては公務員があります。公務員になるためにはいろいろな方法がありますが、ヘリコプター免許を取得しても公務員として働くことができます。主にどんな職場で働くことになるのかというと、海上保安庁や国土交通省、警察、消防と言った職場でヘリコプターの操縦士として働くことができます。また、通常の公務以外にも、例えば防災ヘリやドクターヘリ等の緊急の運航も行う場合があります。特に近年ではヘリコプターの操縦士が公務員は減っているので、就職率も比較的高いと言われています。

続いての就職先の1つとしては民間企業があります。民間企業と言ってもいろいろな就職先がありますが、例えば近年ではヘリコプターによる遊覧飛行が人気を集めていますが、ヘリコプターの免許があればお客さんに夜の夜景を楽しんでもらう仕事も行うことができます。その他にも航空撮影やチャーターフライト、報道などの分野で働くことが可能です。

このように、就職できる場所はいろいろあるので、免許を取得すれば就職で有利になる可能性は高いでしょう。