事業用操縦士免許を取得するためのスクールの選び

ヘリコプターの事業用操縦士免許を取得するためにはスクールに通って勉強をして試験に合格する必要がありますが、実際にスクールによって内容が違うこともあるので、なるべくスムーズに免許を取得するためにもどこのスクールに通うかは重要です。そこでここでは失敗しないためにもどこのスクールに通うといいのかについて紹介します。

まず1つ目にチェックしたいのが就職実績があるかどうかです。それぞれスクールによって就職率は異なりますが、特に将来的に公務員パイロットや民間企業で働きたいと思っている人は就職率が高いスクールを選んだ方がいいでしょう。例えばホームページなどを見ればどのくらいの就職率かについて掲載されているところもあるので、入学をする前にはしっかりとチェックしておくといいでしょう。

また2つ目は訓練実績や無事故の実績があるかどうかもチェックしておきましょう。航空機の運航は上空を飛行することになるので、常に危険と隣り合わせです。訓練中に万が一事故を引き起こしてしまったら命に関わることもあるので、そうならないためにも豊富な訓練実績と無事故の実績があるスクールを選ぶようにするといいでしょう。
実績のあるスクールであれば、必ずホームページに掲載されていますので、安全の為にしっかりチェックしておきましょう。(下記参照)

ヘリコプター訓練実績16年連続第1位、
創立以来無事故記録31年間更新中、
業界トップの免許合格率と就職実績、
航空界にパイロットを送り続ける国内最大の
ヘリコプターと飛行機の訓練校です。

 

このようにスクールの選び方も重要になるので、しっかりとこだわってから選択するといいでしょう。

公務員パイロットになるメリットについて

ヘリコプターの事業用操縦士免許を取得することで公務員や民間企業への就職が可能になります。その中でも公務員パイロットは人気が高いと言われていますが、実際に公務員パイロットに就職することでどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではこれから免許の取得を検討している方のためにも、公務員パイロットになるメリットとは何かについて紹介します。

まず1つ目のメリットは人を助ける仕事に就くことが可能な点です。公務員にはいくつか人を救助する仕事が存在していますが、その中の一つにパイロットの操縦士があります。例えば災害時に人を救助する時のヘリコプターの操縦をしたり、緊急時にはドクターヘリの操縦をしたりすることもあります。さまざまな活躍の場があるので魅力的です。

また、2つ目のメリットは相応の収入が期待できることです。公務員によって年収は異なりますが、その中でも公務員パイロットは免許が必要不可欠になり、専門的な仕事となるので、資格が必要ない公務員に比べると収入は高いと言われています。

このように、公務員パイロットになるメリットについてを紹介しましたが、実際に将来は公務員パイロットになりたいと思っている方もいるでしょう。こういった方はメリットなどもチェックしておくといいでしょう。

自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の違いについて

ヘリコプターの免許には大きく分けると自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の2種類が存在しています。それぞれ何が違うのかよくわからないと思っている方もいるのではないでしょうか。これから免許を取得し、就職まで考えているのであれば知っておきたいことなので、ここでは二つの違いについて紹介します。

まず自家用操縦士免許から説明をしますが、この免許があれば教官がいなくても自分の判断で操縦をすることができるようになります。しかし、自家用操縦士免許だけの取得だと基本的には航空会社への就職はできないことがほとんどです。なぜかというと、自動車で説明をすると普通自動車第一種免許になるので、これだけのライセンスだけでは難しくなります。

それに比べると事業用操縦士免許は何かというと、自動車で言うと普通自動車第二種免許にあたります。国内での仕事として活用するためにはこの事業用操縦士免許が必須になります。例えば将来的にヘリコプターの免許を取得して公務員などに就職をしたいと思っている人は事業用操縦士免許の取得を検討するといいでしょう。

このようにヘリコプターの免許と言っても2種類あるので、免許を取得する時に失敗したくない人は事前に将来のことを考えておくといいでしょう。

ヘリコプター免許を取得するとどんな職業に就ける?

日本国内でヘリコプターの操縦をするためには事業用操縦士免許が必要になります。ライセンスを取得するためには時間と費用が必要になりますが、ヘリコプター免許を取得すればいろいろな場面で活躍できます。実際に、ヘリコプター免許を取得することでどこに就職することできるのか知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。いろいろな就職先があるので、まずはどんな職業に就くことができるのかについて紹介します。

主な就職先の1つとしては公務員があります。公務員になるためにはいろいろな方法がありますが、ヘリコプター免許を取得しても公務員として働くことができます。主にどんな職場で働くことになるのかというと、海上保安庁や国土交通省、警察、消防と言った職場でヘリコプターの操縦士として働くことができます。また、通常の公務以外にも、例えば防災ヘリやドクターヘリ等の緊急の運航も行う場合があります。特に近年ではヘリコプターの操縦士が公務員は減っているので、就職率も比較的高いと言われています。

続いての就職先の1つとしては民間企業があります。民間企業と言ってもいろいろな就職先がありますが、例えば近年ではヘリコプターによる遊覧飛行が人気を集めていますが、ヘリコプターの免許があればお客さんに夜の夜景を楽しんでもらう仕事も行うことができます。その他にも航空撮影やチャーターフライト、報道などの分野で働くことが可能です。

このように、就職できる場所はいろいろあるので、免許を取得すれば就職で有利になる可能性は高いでしょう。